顔の産毛が金色に?

顔の産毛が金色に?

顔の産毛が金色に?
顔に黄色の産毛が一本長く生えていたりしたら「宝毛」といって、大切にする人がいます。

 

でも、普通に働く女性なら、そんな金色に輝く顔の産毛を大切においておくわけにはいきませんよね。だから、顔の産毛はビジネスマナーとして処理しなければなりません。

 

また、顔の産毛を脱色した場合、その毛が金色にきらきら輝くことがあります。それは黒から白になる前の金色です。光が顔に当たると、金色にきらきら輝きますので、顔の産毛脱色はあまりおススメできません。

 

 

また、脱色するということは、薬剤を顔に塗布することですから、肌の弱い人は肌荒れをおこす可能性もあります。

 

腕や脚の毛を脱色するという話はよく聞きますが、これも金色に輝きますので、あまり素敵には思えませんよね。白人の女性で顔の産毛がうっすら光っているのとは、わけが違いますので、処理方法を脱色以外で考えてみましょう。

 

薬剤を使っても私の肌は大丈夫と自信のある女性は、クラシエホームプロダクツの「エピラット 脱色クリーム スピーディー」があります。
こちらは顔にも使用できる脱色クリームです。

 

脱色クリームは顔には向きません。薬剤が含まれた脱色クリーム。目の周りの使用は厳禁です。顔にも使用できる脱色クリームはありますが、顔の産毛を脱色することはおすすめできません。特に、目の周りは使用厳禁です。

 

また、脱色剤に反応して、肌がヒリヒリしたり赤みを起こしてしまったりする可能性もあるので、使用前には必ず説明書をよく読み、パッチテストをする必要があります。

 

肌が弱い方や敏感肌の方は、特に気をつけましょう。最近は眉毛の脱色で利用する女子も増えています。

 

使用する際には必ずパッチテストをして、安全を確認してから使ってくださいね。

 

自己処理で一番おすすめなのが、電気シェーバーです。おうちで自分の好きな時間に、カンタンに産毛を処理できるのが特徴です。

 

また、カミソリの刃が直接顔の肌に乗らないというのもお肌をあまり傷つけないメリットといえます。仕事に、遊びに、忙しい私たちにぴったりですね。

 

もう一度書きますが、電気シェーバーは構造上、刃が直接肌にあたりません。だから、肌への負担が少ないのがメリット。

 

また、コンパクトなので長期の旅行などにも気軽に持っていけます。大手電気メーカーの顔専用産毛剃りのフェリエなんかが有名ですよね。

 

顔の産毛がなくなると、肌の色が明るくなる、色白になる。などのように、顔の産毛を処理すると、メリットがいっぱいあります。

 

ファンデーションのノリが変わる。邪魔をしていた産毛がなくなると、ファンデが肌に密着します。お化粧のノリが良くなるだけでなく、化粧崩れがしにくくなります。産毛の処理をすることで、ファンデーションが肌にしっかり密着するので、流行のアイメイクやリップメイクがますますステキになります。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?