顔の産毛がくるくるするのは

顔の産毛がくるくるするのは

顔の産毛がくるくるするのは

 

顔の産毛がくるくるするのは知っていましたか?それは顔の産毛を無理に引っ張った後に抜けなかった毛です。

 

同時に、そうなるツールがあります。顔の産毛を絡めとり、簡単に脱毛できるというものですが、顔の上の産毛にくるくると転がします。そうすることで、コイルに顔の産毛が絡まって、脱毛できるという、くるくるツールです。

 

本当の名前はたくさんの種類があり、アマゾンなどで、1000円ぐらいで販売されているので、ご覧になってみてください。顔の産毛をそのコイルが絡め取って抜くのですが、結構痛いそうです。

 

それは仕方ないですよね。産毛を一度に抜くのですから、痛くない方がおかしいです。でも、脱毛はそんな簡単ではありません。

 

顔の産毛がコイルにからまっても、途中で引っ張って切れてしまう産毛があるのです。伸びきった毛が、くるくるになるのはご存知ですよね?だからツールの名前もくるくるというのがあるのでしょうか?

 

口周りに映えているヒゲではなく、顔全体の産毛って皆さんはどうしていますか?

 

パックで抜く、カミソリで剃る、中には目立たないからと放置しているという人もいるかもしれませんね。でも、男性はよくみています。

 

自分ではバレていないつもりでも、他人からは意外と見えているのが顔の産毛です。

 

カミソリだと肌を痛めてしまう危険もあるので、どうしたらいいのか悩むところです。しかも剃って濃くなったらどうしようというのもあると思います。

 

産毛の処理方法を調べていると、上述のような、くるくると脱毛してくれる「脱毛ローラー」という商品があります。

 

このローラーは、コイルに持ち手がついていて、肌の表面にコイルを転がして産毛を絡めて抜く器具です。顔をメインにする小さなものと、背中に使える持ち手が長いものがあります。

 

コイルに毛を絡めてくるくると、物理的に抜くだけなので、毛の再生力を奪うわけではなく、毛はまた生えてきます。しかも、何度も書きますが、痛いということを知っておいてください。

 

それから、赤いぽつぽつもできることがあります。抗炎症作用のあるローションやクリームを用意してから使うと良いかもしれません。そこに紫外線があたって、シミになる場合もあるので、気をつけてくださいね。

 

また、産毛が長すぎるとコイルに絡まなかったり、途中で毛がブチッと切れてしまったりします。その場合、引っ張られて伸びた毛がコメディーのようにくるくるっとなります。

 

そして、改めて抜き残りを剃ることも考慮に入れておいてくださいね。また、処理後に肌トラブルがなくても、念のため3日程度あけて下さい。1週間に2回までにとどめておくのがお肌にとっては理想的だそうです。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?